ファミリーオフィス制度について

関東・東海・関西でご相談を承っています!(出張相談可能)
生命保険診断のお財布救急隊
お財布救急隊HOME >> ライフプラン >> ファミリーオフィス制度 お財布救急隊サイトマップ
※お財布救急隊のHPが新しくなりました! 新たなスタッフも加わり、ご相談も全国対応可能です!
新しいHPはこちら(株)FP花園
経験豊富なFPが日本で生活していく上で知っておきたい「お金の常識」「社会の流れ」そして「イベント情報」を配信しています。
「メルマガ会員」だけの限定情報や宮本の(無料・有料)セミナーもこのメルマガでいち早く案内。
宮本の出張情報もいち早くお届けします!


詳しくはこちら!
 
ファイナンシャルプランナー・運営者情報等
ファイナンシャルプランナー ご相談終了後 アフターフォローについて
 
 
お財布救急隊・その他のご相談
 

■対応エリア■
北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、静岡県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、府中市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、国分寺市、国立市、小平市、西東京市、立川市、小平市、日野市、町田市、東村山市、東大和市、東久留米市、清瀬市


ファミリーオフィスについて


ファイナンシャルプランナー・お問い合わせ

宮本ファミリーオフィスを立ち上げた理由


私は2001年に開業し、特定の金融機関に属さないファイナンシャルプランナー事務所として仕事をしてきました。これまでは、生命保険の見直しや住宅ローン相談、ライフプラン相談などを中心に行い、相談者の大多数であるいわゆる中流の人たちの生活を応援してきました。

私自身も普通の家庭の人々の役に立てる相談業務をしたいと思っていましたし、実際、依頼のある相談者も世帯年収で500〜800万円くらいの層がほとんどでした。


ところがここ2〜3年のご相談者の傾向を見ると、世帯年収で2000万円から多い人で8000万円と、開業当初は想定していなかった層(収入の面において)の人からの相談も多くなってきました。掲げている看板は「お財布救急隊」という庶民的な名前にものにも関わらず、私のところへ相談が入るということは、既存の金融機関にその期待に応えられるような相談サービスがないのでしょう。



「それならば、自分が作り出そう!」というわけで、このサービスを立ち上げるに至ったのです。




私(宮本)自身の経験から 
〜昔の自分への思いから作った制度です〜

 


もうひとつの大きな理由として、私自身の実体験もあります。
私は小学5年生(10歳)の時に父を亡くしました。

私の父は中小企業の経営者で、法人以外にアパートやマンションなどの不動産等の遺産を遺してくれました。当然ながらそれまで不動産や金融、税務に関して何の知識も経験もなかったのですが、その後のアパートの建て替え、不動産業者や銀行、証券会社、様々な取引先とのやりとりは、すべて母と私2人の素人判断でやってきました。

当時はお金に関することは相談する人や場所もなかったので、母と私で模索しながら何とかやれてきたわけですが、もしかしたら気付かなかっただけで、騙されていたこともあったこともしれませんし、または必要が無いことに多くのお金を払っていたことがあったかもしれません。



当時の自分のことを振り返って考えてみると、様々な相談ができて、窓口になってくれる信頼のできる人がいれば、どんなに心強かっただろう、と思うのです。
そして、耳障りのいい話ばかりではなく、その人のことを思えばこその苦言も言ってくれるような人、もしくは場所があれば、ぜひ利用したかったと思うのです。このような経験も、私がこのサービスを生み出したきっかけになっています。


近年、金融機関がこぞって、リタイアメント世代の退職金の運用や、富裕層の取り込みを図っています。銀行や証券会社のプライベートバンクでは、金融商品の販売をメインとし、重厚なソファの部屋で商談をすることが、あたかも特別扱いのファミリーオフィスやプライベートバンクサービスであるかのようです。

しかし、本来の役割として必要とされているのは、はたして高級なソファや自尊心をくすぐるような接客対応なのでしょうか?

 



私がこの日本でファミリーオフィスサービスとして一番重要な役割だと思う事。そして最初に行うべきことは、各々の家庭に漠然としている不安な部分等の問題の焦点化とその優先順位を決めることだと思っています。



今この文章をお読みになっているあなたには、資産運用、生命保険、損害保険、相続準備を含む金融、リスクマネジメント、税務など、お金に関係する事を現在も、そして将来も常に考えていかなければならないことがきっとあるでしょう。



私が考えるファミリーオフィスで重要なことは、まずはあなたの話を聴くことで問題点を整理し、頭の中を整理する質問を行い、そして現時点で一番良いと思える答えを導き出す手伝いをすることだと思っています。



その中の選択肢の一つとして、必要があれば保険などの販売もしますし、金融商品を扱うこともあるでしょう。しかしそれは手段であって、目的ではありません。



私が書いているこの文章もお読みになられる方によっては綺麗ごとに聞こえる人も多くいらっしゃるかもしれませんが、私自身は心から本当にそう思っています。



既存の金融機関が展開する、運用中心、商品の販売中心のファミリーオフィス、プライベートバンクサービスにはない、本質を求められている方へ、私、宮本にしかできない
ファミリーオフィスサービスを展開したいと考えています。


宮本ファミリーオフィスをご利用いただきたい方



このサービスを利用して欲しい層は、大きく分けて2つあります。



ひとつは、30〜40代で、世帯年収が2000万円ぐらいの人を想定しています。
この年代でこれだけの収入があるということは、きっと現在の実力主義社会の中にあって、能力も高く、評価され、そしてなによりご自身も努力をしてきている人たちでしょう。



しかし人というものは、その立ち居地にいるとき、つまり自分が「勝っているとき、勝っていると信じているときは、人は負けたときのことを想像することは難しい。」ものです。若くして高い位置に行けるのが実力社会であるならば、その逆になる可能性もあります。

人生には、予期しない出来事が発生することもしばしばです。実際私も仕事柄様々な家庭のご相談を受けてきました。



たとえばご夫婦でそれぞれ1000万円ずつ稼いでいる世帯で、妻が出産で退職することになったり、収入の高い仕事と役職があっても親の介護のために転職を余儀なくされたりと、この先も順調に収入を得られ続けるとは限りません。



このように時には自分の能力や才覚だけではコントロールできないことは人生には良くあることなのです。



特に、若くして収入が高い層では、支払えてしまえるだけに、普段の支出に無駄が多く見られるケースが多くあります。そこでまず支出コントロールを中心とした家計プログラムを組み、その見通しをつけて資産作りのプログラムの設計・実行をしていきます。


もうひとつは、子供たちが自立して、これから老後のことを考え始める50代、60代の層です。自宅以外の不動産を持っている人もいるかもしれません。また、自分の親が80代でこれから相続を受けることも近く、また自分の子供への相続対策も考えていかなくてはならない人たちです。この層の退職金をターゲットとした金融機関のサービスは多いのですが、私は、お金は殖やせれば殖やせるだけいい、というのは違うと思っています。



やはり高利率でお金を殖やすには、相応のリスクも伴います。私は、ファイナンシャルプランナーの経験からその人の送りたい生活をヒアリングし、それを実現するための主にお金面の実行プランを献策していきたいと思っています。

また、ルールぎりぎりの手法で、有利な資産運用をうたっているところもありますが、私はそのような手法はとりません。

あくまでも現在のルールの中で最善を尽くす方法で行います。

 



どのようにしていくことがその人にとって一番いい方法なのかを考える時には、単にお金の問題としてだけでは片付かず、どうしても家族の込み入った事情など細かいお話を聞かせていただいたり、逆にご相談をうけることも今までの経験上多々あります。

そう考えると、かなりその人の人生に入り込んだおつきあいになると思っています。また、現在はさまざまな情報が氾濫し、何が自分にとって必要な情報なのか、良い情報なのか取捨選択が難しい時代です。その情報を、FPとしての知識や経験を生かして、整理する役割も果たしていきます。



資産運用のアドバイスだけの立場であれば、お金をたくさん預けてくれるお客さんほど上客ということになり、金融機関も丁重にあなたを扱ってくれるでしょう。けれども、お金が無くなった時には、それこそ蜘蛛の巣を散らすように人が去っていく、というのが世の常です。言葉で信頼を語るのは難しいものです。

私は言葉だけで、「死ぬまでお客様を守り続けます。」「決してお客様を裏切りません。」などと言うつもりは毛頭ありません。



しかし、これまでの経験からお客様との関係などを思い起こすと、その人の周りから人が去って行くようなことがあって、そして万が一私も去ることになったとしても、それは最後の最後だと思うのです。

絶対にないとは言えないけれど、もしあなたの元から去るとすれば、最後の一人だと、それくらいの覚悟でお付き合いしていきたいと思っています。



そして、もちろんそのようにならないようにアドバイスしていくのが、私の役目だと思っています。

 



私が持ちうる全ての知識と経験そして人脈を生かして、あなたの生活、資産を守ること。
そしてなにより安心して生活していただけるような献策をする。
そんな、あなたの信頼に応えられる存在でありたいと願っています。


【ご相談の流れ】


第一回面談日(所要時間1時間〜1時間半程度)
弊社事務所もしくはご相談者ご自宅にて面談を行い、今後主にどのようなサポートをご希望するのか丁寧にお伺いしてからの本契約となります。
初回面談は10,000円(消費税別途)。但し出張での場合、交通費実費と出張手当5,250円となります。
※本契約の際には事前に年間の顧問料金を提示してから本契約となります。
※本契約となった場合、10,000円(消費税別途)は、年間顧問料金から差し引きします。

第二回面談日(所要時間3時間〜4時間半程度)
第二回面談日の前に事前にヒアリングシートを郵送(もしくは第一回面談日に手渡しいたします。)させていただきますのでご記入のうえご返送いただきます。
ヒアリングシートを元に当日お話をする準備資料成を行います。

第二回相談日では、主に生命保険、損害保険、ローン(住宅)の現状確認。今後発生する教育費、老後必要資金の把握、ライプラン表に基づくライフイベントの確認を行います。
またこのときヒアリングを通して今後の方向性・対策をお話いたします。

第三回面談日
第二回面談日の方向性を元に、具体的な実行案の解説を行います。実行案をベースに必要な金融商品、保険商品があるときには申し込み手続きの手配を行います。
第三回面談後に年に2回(次年度以降は年4回)面談にてミーティングを行います。

  • ●生命保険・損害保険・有価証券・投資信託・債権などのお客様の口座管理
  • ●年4回(3月、6月、9月、12月)に金融資産の報告書提出
  • ●電話、メール、FAXによるご相談は随時
  • ●面談相談 (原則年4回) 2時間程度/1回
     面談回数に関しては年4回を基本とするが、緊急を要するときはこれに縛られない。
     また話の内容によっては予定時間を越えることも可能 FP相談、その他各種ご相談
  • ●同行業務 (ケースにより別途費用が発生することもございます。)
  • ●税務、法務などの申告業務を伴う場合には別途費用がかかります 。
ファイナンシャルプランナー・お問い合わせ

生命保険診断  |  損害保険診断  |  ライフプラン  |  ライフプランプレミアム  |  住宅ローン相談
経営者向けコンサルティング  |  ご相談者の声
〒262-0021 千葉市花見川区花園町36-1 オリジン宮本101
Tel.043-274-3230 FAX.043-274-8581
お財布救急隊 All Right Reserved.
ファイナンシャルプランナーお財布救急隊・24時間お問い合わせ ファイナンシャルプランナー・お財布救急隊