生命保険診断の詳細

関東・東海・関西でご相談を承っています!(出張相談可能)
生命保険診断のお財布救急隊
お財布救急隊HOME >> 生命保険相談 >> 生命保険診断について(面談) お財布救急隊サイトマップ
 
経験豊富なFPが日本で生活していく上で知っておきたい「お金の常識」「社会の流れ」そして「イベント情報」を配信しています。
「メルマガ会員」だけの限定情報や宮本の(無料・有料)セミナーもこのメルマガでいち早く案内。
宮本の出張情報もいち早くお届けします!


詳しくはこちら!
 
ファイナンシャルプランナー・運営者情報等
ファイナンシャルプランナー ご相談終了後 アフターフォローについて
 
お財布救急隊・その他のご相談
 

■対応エリア■
北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、静岡県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、府中市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、国分寺市、国立市、小平市、西東京市、立川市、小平市、日野市、町田市、東村山市、東大和市、東久留米市、清瀬市


勧められるがままに入った生命保険本当にその保険で大丈夫ですか?

ファイナンシャルプランナー・お問い合わせ

日本の91.8%(平成13年生命保険協会調べ)もの世帯が何らかの形で生命保険に加入して

いるという生命保険大国の日本ですがあなたは自分が契約した生命保険内容をご存知ですか?残念ながら、月々の生命保険料や、自分が死んだ場合の生命保険がいくらぐらいでるのかを漠然とは知っていても、自分が加入した生命保険の特徴や仕組みはご存知ないのが現状といえます。
日本の一世帯当たりの年間平均支払い生命保険料は約67万円
この生命保険料を30歳から60歳までの30年間支払った場合その支払い総額は約2000万円となります!あなたもこんな大金を不必要に支払っていませんか?




●効率的な保険の見直しで支払う保険料を減額できる

むだなく生命保険に加入するためには、まずは加入する目的を明確にすることが重要です。具体的にどのようなリスクをカバーするために生命保険に加入するのか、目的がきまればカバーしたいリスクに対して保障額と期間を把握し、それにあう商品を選択し掛ける。こうした合理的な手順を踏む事で支払う生命保険料を確実に減らすことができるのです。



●ムダ・ムラ・ムリのない効果的なあなたに適した生命保険を実現するためのポイント

明確な保険加入目的
あなたにあった保険保障額と期間
あなたにとって良い保険商品



これが当たり前のようですが実際には支払うことができる保険料に基づいて保障を設計されていませんでしたか?「これなら払えそうだ」という考え方は、むしろ販売側の都合によるものと考えられる場合があります。



●お財布救急隊がアドバイスから対策まであなただけのためのよりよい保障を策定します。

生命保険は複雑で解り難い商品であることは確かです。 ですがご心配なく私達がついております!?あなたの保険と必要な保障額、期間を診断します。 その上であなたの生活上のリスクをしっかりカバーしながらも無駄のない生命保険の保障プランを解りやすくご説明します。


お財布救急隊がアドバイスから対策まであなただけのためのよりよい保障を策定します。

生命保険は複雑で解り難い商品であることは確かです。 ですがご心配なく私達がついております!?あなたの保険と必要な保障額、期間を診断します。 その上であなたの生活上のリスクをしっかりカバーしながらも無駄のない生命保険の保障プランを解りやすくご説明します。


生命保険の見直し対策 必ず知っておきたい8か条

ここでは生命保険に関するちょっとした疑問や見直しのコツを紹介。基本さえ押さえれば、生命保険の見直しはきっとうまく行く! これを読んでも自信のない方はお財布救急隊の「生命保険診断」へどうぞ


「掛捨て型」「貯蓄型」どっちがいいの?

「生命保険は掛捨てが一番! 」というコメントを耳にすることもありますが、これはその人の考えであって、万人にあてはまるものではありません。「掛捨て型」と「貯蓄型」はどちらにもメリットやデメリットがあって、要は、どちらがその人にあっているか、というだけ。
この質問自体がナンセンスなのです。
たとえば、パソコンを買おうとする人に、「パソコンはノート型が一番だよ!」などという人はいないでしょう。ノート型はスペースをとらず、持ち運びは便利だけど、デスクトップよりも割高です。
また、デスクトップのキーボードの方が使いやすい、という人もいます。
つまり、「どちらがいい」というものではなく、どのように使いたいかで、どちらのタイプを選ぶかが決まるのです。


共済やグループ保険を上手に使おう

万が一に備えるための手段は、何も生命保険だけではありません。
例えば、あなたの会社にはグループ保険がありますか? グループ保険は会社を通し、任意に加入できる生命保険です。
一般に、個人で入るよりも保険料が割安なことが多いのです。 共済も同じようにうまく使えば、全体の保険料を削減することができます。
すべてを生命保険でカバーしようとするのではなく、グループ保険や共済を上手に組み合わせることも生命保険の見直しの際には重要になります。
※ここでの共済とは認可共済のことを指します。


保障の優先順位を考えよう

生命保険でカバーできるものは、主に「死亡保障」「医療保障」「老後の生活資金(介護)」の3つです。
もちろん、3つとも必要なものではあるのですが、すべての保障をあつくしたのでは、保険料が高くなってしまいます。 そこで生命保険の見直し時には、この3つに優先順位をつけることをおすすめします。
「子どもがまだ小さいから、死亡保障はしっかりかけておきたい」「老後の生活資金は、もう少したってから貯めればいいから今は保険料を抑えたい」「ガン家系で心配だから、医療保障はあつく掛けたい」などなど、生命保険に求める安心の基準は人それぞれ。 優先順位を考えれば、効率的な見直しができます。


払い込み期間の設定で、保険料が変わる!

保険料の支払い方の違いで、保険料が変わることを知っていますか? 例えば、1000万円の終身保険(一生涯の死亡保障)に入るとしましょう。
払い込み期間を60歳に設定すると、60歳以降は保険料を払わなくても済みます。終身払いに設定すると、死ぬまで払い続けなくてはいけません。
この場合、月々の保険料は終身払いの方が安くなります。しかし、支払う保険料の総額としては終身払いにした方が高くなることが多いです。(早くに死亡してしまったら、こちらの方が「結果として」安かった、ということもあり得ますが、そこまではわからないですからね)
これは、買物のローンと同じ。払い込み期間を長くすれば、月々の支払いは少なくなりますが、トータルの支払いは多くなるのです。


保険は1社で全部をカバーしなくても良い

生命保険がここまで日本に普及した時代背景を少しお話しましょう。第2次世界大戦後、戦死者が多くでたため、未亡人の数が増えました。
稼ぎ頭の夫はもういませんから、なんとかしてお金を稼がなくちゃいけない。その時にその大量の未亡人を受け入れたのが、生命保険会社だったわけです。
彼女たちに保険の難しい仕組みまで教育するのは、当時難しかったのでしょう。
しかし保険販売をしていかなくてはいけませんからそこで商品をセット化したパッケージ販売が主な販売商品構成になっていったのです。
例えばこれは、ハンバーガーショップのセット商品のようなもの。ハンバーガーとポテトとジュースが必ずセットになって販売されるわけです。
これはその人に合わせて、ハンバーガーがチーズバーガーになったり、てりやきバーガーになったり、ポテトがLサイズになったりしますが、そうバリエーションは多くありません。
しかし、ハンバーガーだけハンバーガーショップで買って、ジュースは自動販売機で、お腹はあまり空いていないからポテトはいらない、とこういう買い方もできるわけです。
生命保険も同じように、1社で全ての商品を買わなくてはいけない、ということはなく、数社から組み合わせてプランを作ることができるのです。


品質に気をつける

これからカレーをつくるとします。材料は肉、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、カレーのルーですね。
賢い主婦なら、肉は肉が安いA精肉店、タマネギはB八百屋、ルーはCスーパーで、と安い店を知っています。
それぞれの店で買い求めれば、カレーを安く作ることができますよね? 
これは、上の例と同じで、生命保険も安いところから商品を買い集めてプランニングすることができるんです。
しかし、ニンジンを切っていたら、中に簀ができていて使い物にならなかったりしたら、ダメな訳です。つまり、安くても品質がいいものでなくてはいけない、ということです。 保険会社も同じで、なんでもかんでも安いものだけを集めればいい、というわけではないのです。
格付け、というのをご存じですか? これは、会社の財務体質の健全性を表すランクです。AAとかBBBとかいうものが、保険会社でいう品質になります。
トリプルB以上なら投資適格といわれているのですが、私の場合はそれよりも厳しく、AA以上の保険会社を選ぶようにしています。
生命保険見直しの際には、品質を厳選した上で、何が安いかを探さなくてはいけません。


あなたの「お宝保険」は本当にお宝!?

最近は、テレビでも保険の見直しについて取り上げられています。そこで出てくる「お宝保険」という言葉。
これは、利率(加入時期)のいい時期に加入した貯蓄型の保険のことです。
しかし、この保険のおいしい部分というのは「貯蓄性」の部分。 セットで死亡保障や医療保障にも入っていたとしたら、この「お宝」の部分だけを残して、ほかの部分を見直すこともできるんです。
※保険会社によっては多少規制がはいるところがあります。 また、加入時期だけ見て、「わたしの保険はお宝保険だわ」と思っていても、掛捨ての保険であれば、加入時期が良くても基本的に意味はありません。
古いワインが全部おいしいわけではないのと同様、加入時期がいいと言われる保険が全てお宝とは限らないのです。


賢い保険会社(保険担当者)の選び方

よく私が受けるご相談で、以下の内容を受けることがあります。
ご相談者:「外資系の保険会社を検討しているのですが、現在加入している保険会社の人に話したら、外資系はいつ撤退するかわかりませんよ・・・といわれるのですがどうなのでしょうか。」
ご相談者:「外資系の保険会社の方に保険の見直しを進められていて、格付けの低い日本の保険会社は心配だから止めたほうがいいですよ、と言われるのですが一体どうなのでしょうか。」
これは私の考えですが、露骨に他社の保険会社を中傷する方は残念ながらあまり上手な保険担当者とは言えないでしょう。
それでは宮本流簡単に良い保険会社の担当者を見極めるポイントをお教えしましょう。 まず、現在保険に加入中の場合は正確(偏り無く)に現状把握(分析)ができること。 そしてその上でできるだけ現在の保険の(その人にとって)長所を伸ばしてあげ、不足部分があったらその部分だけ補ってあげる。(なんか人間の育て型に似てますね。(笑))
今までの傾向を見ていますとやはりどうしても、保険担当者=保険会社のイメージになりますから、保険会社が高感度の高いキャラクターのCMを流したとしても、その期待を裏切るようなサービス内容であればあるほどその会社に対する失望感が大きいみたいです。
いつの時代、どんな職業でも人ってとても重要な判断材料の1つになりますね。


●生命保険相談メニュー

  • 現状分析(現在加入中の生命保険の現状確認)
  • 公的年金(老齢年金・遺族年金)、公的介護保険制度の確認、医療保険制度の現状
  • 必要保障額の算出
  • 教育資金(子供一人にかかる教育資金、保険を活用した効果的な加入方法)
  • がん保険の必要性について
  • 財務省の資料から読み取るこれからの日本の未来
  • 小泉改革と公的制度の痛みについて
  • 財務省の資料から読み取るこれからの日本の未来
  • 現代医療の現状(病状別入院日数、入院費用)
  • カウンセリングに元づく保険設計(ラフ案:まずはどのような保障が必要かイメージします。)
  • 具体的商品を組み入れた保険設計(商品内容・保険料・払い込み方法・保険会社の選択)

【ご相談時提出資料】

事前診断資料に基づく生命保険リスト(改善前)

【ご相談終了後提出資料】

相談にもとづいた生命保険リスト(提案表)
各保険会社の設計書・パンフレット
各種データ資料等

相談料金 7,000円(消費税別途)

※出張でのご相談の場合は出張手当として
 5,000円(消費税別途)が相談料金に上乗せされます。
 別途交通費実費がかかります。
 ただし、妊婦の方もしくは0歳〜3歳までのお子さんがいる場合には
 出張手当は半額の2,500円(消費税別途)となります。
※1回のご相談で具体的に実行できるプランまでご提供します。
※相談日前までに事前診断資料を郵送しますので、ご記入後、生命保険証券コピー、ご相談時に必要な書類を相談日前までにご返送いただきます。

ファイナンシャルプランナー・お問い合わせ


生命保険診断  |  損害保険診断  |  ライフプラン  |  ライフプランプレミアム  |  住宅ローン相談
経営者向けコンサルティング  |  ご相談者の声
〒262-0021 千葉市花見川区花園町36-1 オリジン宮本101
Tel.043-274-3230 FAX.043-274-8581
お財布救急隊 All Right Reserved.
ファイナンシャルプランナーお財布救急隊・24時間お問い合わせ ファイナンシャルプランナー・お財布救急隊