ライフプラン・プレミアムの詳細について

関東・東海・関西でご相談を承っています!(出張相談可能)
生命保険診断のお財布救急隊
お財布救急隊HOME >> ライフプラン >> ライフプラン・プレミアム お財布救急隊サイトマップ
※お財布救急隊のHPが新しくなりました! 新たなスタッフも加わり、ご相談も全国対応可能です!
新しいHPはこちら(株)FP花園
経験豊富なFPが日本で生活していく上で知っておきたい「お金の常識」「社会の流れ」そして「イベント情報」を配信しています。
「メルマガ会員」だけの限定情報や宮本の(無料・有料)セミナーもこのメルマガでいち早く案内。
宮本の出張情報もいち早くお届けします!


詳しくはこちら!
 
ファイナンシャルプランナー・運営者情報等
ファイナンシャルプランナー ご相談終了後 アフターフォローについて
 
お財布救急隊・その他のご相談
 

■対応エリア■
北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、静岡県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、府中市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、国分寺市、国立市、小平市、西東京市、立川市、小平市、日野市、町田市、東村山市、東大和市、東久留米市、清瀬市


ライフプラン・プレミアムについて


ファイナンシャルプランナー・お問い合わせ

資産運用ライプラン相談では、生命保険、損害保険などのリスクコントロール、住宅ローンなどの支出コントロールを中心に、インタビューを通して、今後どのようにお金が必要になるのかをシミュレーションしながら、実行プランを立てていきます。

しかし、最近では資産形成も含めて相談したい、という人が増えてきています。
そこで、リスクコントロール、支出コントロールと資産形成を含めたライフプラン相談を、ライフプラン・プレミアムというメニューでご用意しました。

この相談では、初回相談のほかに、年1回、面談にて資産がどのように推移したのか、また、ボーナス時にはどのように活用したらよいのか(住宅ローンの繰り上げ返済にあてる、または、別の金融資産に移行するなど)をレビューしていきます。




お金は人生の選択肢を増やす手段に過ぎない・・・

私はお金というものは、人生の選択肢を増やすものだと思っています。例えば、「お寿司を食べよう」という時に、特上、上、並という選択肢があります。
その時に、同じ並を選ぶとしても、「特上も食べられるけど、今は並が食べたいから並」というのと、「金銭的に並みしか食べられないから並」というのでは、人生の楽しみ方が全く違うと思うのです。

かつて日本は、一億総中流社会と言われ、誰でもまじめにコツコツ働いて定年まで勤め上げれば、それなりに心配なく老後生活が送れる、という時代でした。
しかし、最近では終身雇用制度が崩れ、年金への不安もあり、確実に家庭の経済格差は広がってきています。


超格差社会アメリカの現実

超格差社会といわれるアメリカもかつては、総中流社会と言われていた時代がありました。

一昔前のアメリカ映画やドラマには決まって広い庭にプールがあり、犬を飼っている光景を思い浮かべる人も多いでしょう。

それでは近い未来の日本の姿となるかもしれない、そのアメリカの現状を少し見てみましょう。 アメリカでは、総世帯数、1億1000万世帯に対して、上位1%で金融資産の40%を占め、上位5%では60%、上位20%まで含めると91.3%の金融資産が集中していると言われています。 つまり、上位5%の富裕層と、それに続く上位20%の準富裕層の‘いわゆる‘勝ち組を除く、8割の人々の現実は、とても厳しい生活をせざるを得ない、ということでしょう。 これが、徹底した個人の実力主義を重んじてきたアメリカの負の部分です。

そして、日本社会にもこのような現象は現れつつあります。
これは、中流の人々の中でも、お金をコントロールする側に回る人と、逆にお金に振り回される人とに別れつつある、ということです。

余談になりますが、私が知る限り「人は自分が勝っている、勝っていると信じているときは、負けた時の自分を想像することはとても難しい。」 ようです。

このような時代を賢く生きるために保険などのリスクコントロール、住宅ローンの支出コントロールを押さえた上で、人生の選択肢を増やすために重要な資産管理。
そこまで見据えたライフプラン戦略をご一緒に考えていく方はこのライフプラン・プレミアム相談をご利用ください。

ライフプランプレミアムの詳細はこちら。

家計マネージメントコースの詳細はこちら。


お財布救急隊ライフプランプレミアム お客様のご感想


有限会社 アイ・コミュニケーション 
代表取締役 平野友朗様

平野友朗公式サイト 
http://www.sc-p.jp/




平野友朗様プロフィール


1974年、北海道生まれ。筑波大学 人間学類で認知心理学専攻。

広告代理店勤務を経て独立。有限会社アイ・コミュニケーション代表取締役。日本で唯一のメルマガ専門コンサルタント。

起業からわずか5年で顧客は4,000社を超え、年収はサラリーマン時代の7倍になる。顧問先には地方の隠れたNO.1企業も多く、講演、執筆活動の合間をぬってコンサルティングに東奔西走の日々。ビジネス誌や新聞に取材されるクライアントも多く、メディア戦略を含めた経営者のブランド構築や出版プロデュース等も手掛けている。メディア関係者とのネットワークも厚く、業界初の「手書き交通広告」を実施するなど、メディアを巻き込んだ話題作りにも定評がある。

メールリテラシー教育に力を入れる企業から講演依頼も殺到しており、自著『あなたの仕事が劇的に変わるメール術』(ビジネス社)は、ビジネスメールの教科書として多数の企業で採用されている。近々、ビジネスメール教育の集大成として「メール検定制度」を立ち上げる予定。

中小企業経営者やコンサルタントが在籍している「ビジネス実践塾」は、募集わずか数ヶ月で会員数が500名を超える。サポート体制強化のため、現在は入会を制限中。自らのメルマガ「メルマガコンサルタントの稼ぐ思考」では、読者12万人にネットマーケティングに有益な情報を送り続けている。

著書に『小さな会社の最強メルマガ営業術』(日本実業出版社)、『あなたの仕事が劇的に変わるメール術』(ビジネス社)、『先輩起業家が教える 走りながら考える仕事術!』(日本実業出版社)、『「始めてみたけど効果がない」と思っている人の 「やり直し」のメルマガ営業術』(ダイヤモンド社)等がある。





 宮本さんとは仕事を通して知り合った約5年前に、生命保険の相談をして手続きをお願いしていました。また起業して会社が軌道に乗ってきたころには、法人の保険についてもお願いしました。当時とは資産の状況も変わってきて、一度確認と整理しておきたいという思いから、今回は、資産も含めたトータルでのライフプランの相談に乗っていただきました。


  それぞれの保険に加入した時は分かりやすく説明してもらって、よく理解していたつもりだったのですが、今回のライフプラン相談を受けてみると、保険の内容もほとんど忘れてしまっていました。やはり定期的に確認しなくてはいけないのだなと思いましたね。



  投資、運用に関しては、知り合いで本を出している人も多く、株式投資やFX関連の本などを10冊以上読みました。ルールが分からなくては勝てないと思うので、勉強をしなくちゃいけないと思ったのですが、本を10冊以上読んで思ったのは、「これは勉強をしても無理だ!」ということでした。その道のプロでさえ、常に勝つことは難しい世界。にわか勉強しても敵うわけがありませんね。かといって、全く運用しないというのも、どうかと思っていて。



  今日の話で、私のライフプランでは、ハイリスクな運用をしなくても十分間に合うことが分かって、安心しました。そもそも株がそんなにリスクの高い金融商品だとは思ってもいなかったんですね。「自分の中ではよく分からなくて、手が出せなそう」という、債券やMMFといった株以外の金融商品に対しての、思いこみが無くなったのも良かったです。

  

運用についての基礎知識を知っておくことはもちろん大切なことだと思いますが、実務面での金融商品の選び方や、運用方法について自分で勉強するのは、とても効率が悪いし、定期的に宮本さんのように本業にしている人が傍にいて気軽に聞ける環境ができたということは、とても心強いですね。


ライフプランプレミアムの詳細はこちら。
家計マネージメントコースの詳細はこちら。






【相談対象者】

年齢対象(原則)20〜50代まで。 手取り年収に対して15%以上貯蓄する意欲があること。



【相談メニューリスト】 (概論:〜日本国で暮らしていく上での現状確認〜)
・ 財務省の資料から読み取るこれからの日本の未来
・ 小泉改革と公的制度の痛みについて

(生命保険・公的保障編)
・ 現状分析(現在加入中の生命保険の現状確認)
・ 公的年金(老齢年金・遺族年金)、公的介護保険制度の確認、医療保険制度の現状
・ 必要保障額の算出
・ がん保険の必要性について
・ 現代医療の現状(病状別入院日数、入院費用)
・ 高額療養費制度について
・ カウンセリングに元づく保険設計(ラフ案:まずはどのような保障が必要かイメージします。)
・ 具体的商品を組み入れた保険設計(商品内容・保険料・払い込み方法・保険会社の選択)

(住宅ローン編)
・ 各家庭にあった住宅ローン選択アドバイス
・ 繰り上げ返済、借り換えについて

(教育費編)
・進学コース別教育費総額の算出
・教育資金の準備(保険・金融商品を活用した効果的な準備方法)

(老後生活編)
・ 公的介護保険制度について
(1)公的介護保険一号被保険者、二号被保険者の違いについて
(2)公的介護保険の保険給付について
(3)公的介護保険の負担費用について
・ 老後生活資費用の算出 老後生活資金算出シートによる試算
・ 老後生活資金の準備(保険・金融商品を活用した効果的な準備方法)

(資産運用編)
・各家庭に適した資産配分、運用計画 ・資産運用の基礎(分散投資と長期投資について)

【ご相談時提出資料】

事前診断資料に基づく生命保険リスト(改善前)

【ご相談終了後提出資料】

相談にもとづいた生命保険リスト(提案表)
各保険会社の設計書
パンフレット
キャッシュフロー表の作成
ライフプラン相談のまとめ
各種データ資料等


■ライフプランプレミアム・ベーシックコース
相談料金 30,000円(消費税別途)

※出張でのご相談の場合は出張手当として
 5,000円(消費税別途)が相談料金に上乗せされます。
 別途交通費実費がかかります。
 ただし、妊婦の方もしくは0歳〜3歳までのお子さんがいる場合には
 出張手当は半額の2,500円(消費税別途)となります。
※1回のご相談で具体的に実行できるプランまでご提供します。
※運用の実行援助をお財布救急隊で行う場合には、毎年1回(1〜1.5時間程度)面談にてレビューを行います。(出張でのレビューの場合は「出張手当」と「交通費実費」をご負担いただきます。


ファイナンシャルプランナー・お問い合わせ


 〜リタイア時に5,000〜10,000万円の金融資産構築を目指す〜

ライフプランプレミアム(家計マネジメントコース)ではライフプランプレミアム・ベーシックの相談終了後もしくは相談申込み時にお申し込みをいただくことができます。

【ご利用対象者】
世帯年収1,500万円以上の方で資産管理・資産形成をしていくという意欲をお持ちの方に限らさせていただきます。
ベーシック相談終了後、住宅ローン、家計の支出コントロール、資産形成の継続的なサポートをご希望される方のためのサービスです。 
担当FPとコミュニケーションをとりながら目標とする時期に金銭的な目標を達成するカリキュラムを組みます。
また最初の半年間は毎月訪問にて、一緒に家計管理を行っていきます。
半年経過後は2ヶ月毎の打ち合わせと移行し、1年経過後は3ヶ月毎へと徐々に面談回数を減らしていきます。
※1年経過後は年間4回のミーティングとなります。

 



 

【コース料金】
家族構成、収入形態によってコース金額は異なりますので、ライフプランプレミアム(ベーシック)が終了後にご確認ください。


お願い事項
ライフプランプレミアム(家計マネジメントコース)では最初のご相談時に続き、コース申込み当初は毎月お会いし、ファイナンシャルプランニングのご相談だけではなくご家庭の話などを自然と話す関係になることから、ご相談者と担当FPとの相性がとても大切となります。
そのような理由で、ライフプランプレミアム・ベーシック相談時に担当FPの「人となり」を掴んだ後に、 ライフプランプレミアム(家計マネジメントコース)のお申込みをいただくことをお勧めいたします。

さらに金銭的なファイナンシャルプランニングだけではなく各家庭の事情に入り込んだご相談は宮本久史ファミリーオフィス制度をご参照ください


■ライフプランプレミアム・家計マネジメントコース
相談料金 30,000円(消費税別途)

※出張でのご相談の場合は出張手当として
 5,000円(消費税別途)が相談料金に上乗せされます。
 別途交通費実費がかかります。
 ただし、妊婦の方もしくは0歳〜3歳までのお子さんがいる場合には
 出張手当は半額の2,500円(消費税別途)となります。
※1回のご相談で具体的に実行できるプランまでご提供します。
※運用の実行援助をお財布救急隊で行う場合には、毎年1回(1〜1.5時間程度)面談にてレビューを行います。(出張でのレビューの場合は「出張手当」と「交通費実費」をご負担いただきます。


ファイナンシャルプランナー・お問い合わせ


生命保険診断  |  損害保険診断  |  ライフプラン  |  ライフプランプレミアム  |  住宅ローン相談
経営者向けコンサルティング  |  ご相談者の声
〒262-0021 千葉市花見川区花園町36-1 オリジン宮本101
Tel.043-274-3230 FAX.043-274-8581
お財布救急隊 All Right Reserved.
ファイナンシャルプランナーお財布救急隊・24時間お問い合わせ ファイナンシャルプランナー・お財布救急隊