ファイナンシャルプランナー向けメールマガジン

関東・関西でご相談を承っています!(出張相談可能)
生命保険診断のお財布救急隊
お財布救急隊HOME >> FP向けメールマガジン お財布救急隊サイトマップ
 
ファイナンシャルプランナー・運営者情報等
ファイナンシャルプランナー ご相談終了後 アフターフォローについて
 
 
お財布救急隊・その他のご相談
 

■対応エリア■
北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、静岡県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

【東京都】
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、府中市、小金井市、稲城市、多摩市、八王子市、国分寺市、国立市、小平市、西東京市、立川市、小平市、日野市、町田市、東村山市、東大和市、東久留米市、清瀬市

ファイナンシャルプランナー向けメールマガジン
ファイナンシャルプランナー・お問い合わせ
FPで独立!稼げるFPになるための思考のヒント

このメルマガでは、あくまでも宮本流ですが、独立系FPとしての戦略 (方向性、考え方などの概念的なもの)と戦術(何を使うかなどの具体的な テクニック)を自分が感じたことやこれまでの経験から伝えるメルマガです。

■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

【このメルマガの方向性】

このメルマガでは、独立系FPとしての戦略(方向性、考え方などの概念的なもの)と戦術(何を使うかなどの具体的なテクニック)を自分が感じたことや これまでの経験から伝えていきます。
FPとして独立している人、また独立系FPを目指す人、保険会社の代理店をしている人、集客に困っている士業の人などに、ヒントにしてもらえると嬉しく 思います。

【独立して3年半。現在の仕事】

私は平成13年7月にFPとして独立しました。
始めの頃は新聞に広告を出したり、ポスティングをしたりと集客にも苦労した時期がありました。現在は個人相談に限ると、インターネット経由だけで新規の相談が月 平均10〜15件入ります。それとは別に紹介やリピートなどでお客さんが途絶えません。
私は自分から売り込んでいくことができる性格ではないので、「お知り合いを紹介してください」とお願いはしていないのですが、それでもご相談を終えたお客さまから 新しいご相談者を紹介してくださるのです。
また、最近はこれらの個人相談のほかに、企業から従業員を対象としたセミナーの依頼、生命保険会社から営業や代理店を対象とした講演依頼、起業の従業員・組合員の相談窓口なども引き受けています。
私はFPとして特に秀でた能力の持ち主でもなければ、すごく経験が豊富なベテランなファイナンシャルプランナーでもありません。私が実行しているやり方は、誰でもや ろうと思えばできることだと考えています、それくらい特別なことではないのです。

【何故集客の好循環ができたのか。】

自分なりに考えてみたのですが、私の事務所はマスコミでよくコメントを求められるような、(有名)事務所でもないですし、 特別な肩書きもありませんから、相談者の方は「この人だったらきちっとやってくれそう」という信頼だけで相談依頼してくださっているのだと考えます。 ※実はこの抽象的な表現ではありますが、この「信頼」というのがキーワードだと思います。
もし、このメルマガをお読みになるあなたが事務所を開業していたり、勤めていたり、個人で独立をしようと考えているのであれば、あなたにとって何かのヒントになる部分があるかもしれません。


【FPの需要はこれから増す!】

日本では、FPに相談をするの個人はまだまだ少数派ですが、アメリカでは、すでに当たり前になっています。それを踏まえても、FPの知識や社会的役割 は益々大きくなってくると思います。 しかし、アメリカで普及しているからといって、アメリカのやり方をそのまま日本に持ち込んでもうまく受け入れられない気がします。(特に資産運用系の相談は。) 本場の中華料理も日本ではスパイスや多少日本人好みの味付けに変えて日本人受けするようにアレンジされているのと同じように、FPも日本ならではのサービスのあり 方があると思います。 まだまだ、日本ではFPへ相談するという習慣が根付いていないのでその相談者の意識や、より相談をしやすい環境や仕組みを整えていきたい、と思っています。 それでは次回のメルマガから私が普段行っているそのノウハウ(特別なものではないのですが今の時代、当たり前のことが当たり前でなくなってきていて、その当たり前 のことをやっていることが目立つのではないか・・・と。、)と思考法をお話させていきますので、宜しくお付き合い下さい。

【メルマガサンプル】

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 
    FPで独立!稼げるFPになるための思考のヒント  第3号
     2005/12/16日 発行
    
    
       お財布救急隊オフィシャルページ
         →  http://www.osaifu.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【このメルマガの方向性】

 このメルマガでは、あくまでも宮本流ですが、独立系FPとしての戦略 方向性、考え方など(概念的なもの)と戦術(何を使うかなどの具体的な テクニック)を自分が感じたことやこれまでの経験から伝えていきます。
 FPとして独立している人、また独立系FPを目指す人、保険会社の代理店をしている方、集客に困っている士業の人などの、たたき台(ヒント)になればとても嬉しく思います。

【FPになるきっかけ 】

 その1:どうしたらFPとして食べられるか?
 お弁当屋を閉めて、「さて、これから何をしようか」と考えた時に、私には2つの資格がありました。調理師免許と、父親の遺産管理のために学生時代に取得していたFPの資格でした。

 お弁当屋での経験から、私は次に事業をする時にしたくない条件を挙げました。

「在庫を持たない」

「人を雇わない」

「精神的に無理をしない」(自分にとってストレスがかからないこと。)
 この3つのやりたくないことを実現しながらできることは何か、と考えたわけです。
 そして、やり方によってはFPという仕事であれば、それができるんじゃないか、という考えにたどり着きました。
 もちろん今ではFPの仕事に重要性とやりがいを感じていますが、実はこんな消去法で始まったんですね。自分でも不純な動機だとは思いますが(笑)。
 それから、「どうしたらFPで食べられるか」ということを考えたり、調べていくようになったのです。そうするうちにネットで調べていくと  
 「年間50万円で開業できて食べられるFPになれる!」
 「月々2万円でノウハウを伝授」
 みたいな、ところなど、FPとして稼ぐためのスクール(実務演習)を行っているが所が見つかりました。
 読んでいると「なるほど」とは思いましたが、元々私は独立心が強かったせいか、そういうところの会員になって独立したい、という思いにはなりませ  んでした。
 それにFP業界というのは、それほどできあがった業界ではないんじゃないか、とも独立当初は思っていました。というのは、業界の外から素人目で 見ると、「FPの相談業務といえば、○○事務所!」というような、有名どころはなかったからです。  
 自分が業界に入ってみると、有名な事務所はあそことここ、というような事情も分かってきますが、一般の人はそもそもFP事務所自体知らない わけです。それなら、開業スクールみたいな所に頼らなくても、なんとかできるだろう、と考えたのです。

2つの稼ぐ手段

 さらに調べていくと、FPには大きく分けて、2つの「稼ぐ手段」があることが分かってきました。  ひとつは、お客さんの相談に対して、1件いくら、という相談料(フイー)を頂くのを収益の主とするタイプ。独立系といわれるところは、 このタイプのビジネスモデルが多いように見受けられました。  それに対して、企業系と呼ばれるタイプがあり、こちらは原則相談を無料で行い、その上で生命保険や証券の商品仲介を行い、 金融機関(保険会社・証券会社)からコミッションを受け取るといった収益形態です。
 そこで、自分の場合はどちらでいこうか、と考えたところ。
 もし相談業務だけでやった場合、ライフプランの相談が1か月に何件くるか?おそらく月10件あればたいしたものだろう。 1件あたり仮に5万円の相談料を頂いたとすると、月50万円。それでよしとするのか? という問題が一つ。
 さらに、私は中間所得の人に対してのサービスをしていきたいと考えていたので。
一般サラリーマンである中所得者層が、ライフプランの相談料に5万円出すというのは、ハードルが高いんじゃないか、という問題が一つ。
 たとえば、病気になったりすれば、通常は緊急を要する問題となりますからまずは、お金のことは二の次にして、まずは病院へ行くでしょう。
 しかし、ライフプランのような相談に来る人というのは、いますぐ、ライフプランの相談をしなくてはどうにかなってしまうというものではないので、 緊急を要しない、さらには相談する相手が、まだよくわからない相手(自分)に、それなりの相談料を支払って相談する環境(お金を払って相談しに行くという 環境)にはまだ時期が熟してはいないのではないか・・・
 そう考えると、相談業務だけで営業するのは難しいように思われました。

FPで独立!稼げるFPになるための思考のヒント

このメルマガでは、あくまでも宮本流ですが、独立系FPとしての戦略 (方向性、考え方などの概念的なもの)と戦術(何を使うかなどの具体的な テクニック)を自分が感じたことやこれまでの経験から伝えるメルマガです。

■ 登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

ファイナンシャルプランナー・お問い合わせ

生命保険診断  |  損害保険診断  |  ライフプラン  |  ライフプランプレミアム  |  住宅ローン相談
経営者向けコンサルティング  |  ご相談者の声
〒262-0021 千葉市花見川区花園町36-1 オリジン宮本101
Tel.043-274-3230 FAX.043-274-8581
お財布救急隊 All Right Reserved.
ファイナンシャルプランナーお財布救急隊・24時間お問い合わせ ファイナンシャルプランナー・お財布救急隊